工事説明会を開催しました(H29.10.18)

説明会の趣旨

  近鉄石見駅西側において近鉄石見駅周辺道路等整備工事(2期)を行うにあたり、石見公民館にて工事説明会を開催しました

説明内容

○近鉄石見駅周辺整備事業の進捗状況について

 

○2期工事の概要及び工程について

 (詳しくはPDFにて資料をご覧ください)

 

説明会資料(H29.10.18)(Size:1.2MB)

工事に関する主な質疑応答の内容について

Q:休日や年末年始の作業体制は?

A:土曜は作業を行う予定です。年末年始の休みは1228~15日までの予定です。

 

Q:小学生の通学時、安全確保のため、重機や工事車両を止めて欲しい。

A:安全に配慮し、近くを子どもが通行するときは重機等を止めるとともに、ガードマンが誘導します。

 

Q:小学生の通学時、東側から踏切を渡った際に、現在の臨時駐車場に入ろうとする車と接触しそうで危ない時がある。駐車場の移設を先行できないか。

A:工事手順として可能か、検討します。

 

Q:横断歩道の位置は変わるのか。

A:現在の横断歩道は、ロータリー進入の交差点内にあるので、少し東側にずらします。

 

Q:横断歩道をずらすのであれば、踏切から遠ざける方が良いのでは。

A:警察協議の結果、ロータリー交差点より西側にずらした場合、小学生は横断歩道を2度渡ることになる為、踏切側にずらし、1度の横断で北側の歩道に渡れることを優先ました。

 

Q:工事中、子どもやお年寄りに伝えたほうが良い注意点は。

A:通行者の安全については工事業者が確保しますが、バリケード内に入らないよう、又、ガードマンの誘導に従うよう伝えていただけるとありがたく思います。

 

Q:ガードマンは何人いるのか。

A:基本は一人ですが、工事の状況によって必要であれば増員します。

 

Q:実際に工事車両が出入りするのはいつ頃か。

A11月より工事を始め、奥の駐輪場整備より着手します。

 

Q:振動等で近隣の家屋に影響が無いよう、努めていただきたい。

A:わかりました。

 

その他ご意見等について

Q:ロータリーができる西側にも改札口を設置していただきたい。

A:近畿日本鉄道株式会社様と協議を重ねておりますが、費用負担等の問題もあり難航しております。今後、企業立地を進め乗降客の増加を図るとともに協議を続けていきます。

 

Q:トイレや観光案内所を建ててほしい。

A:本事業は道路事業として行っている為、道路施設に関わる物以外は建てることは出来ません。今後、県とのまちづくり連携協定を進め、又、町民の方々とワークショップを重ね意見をお聞きしながら、トイレや観光案内所の建設も含め、近鉄石見駅周辺地区のまちづくりを検討したいと思います。

 

Q:駐輪場を有料化にしないのか。

A:本事業では廃止となる西側の駐輪場の機能復帰として、ロータリー南側に駐輪場を設置するため、現在の駐輪場と同じく、無料で青空駐輪場となります。今後の有料化については役場としても検討していますが、東側の無料駐輪場の廃止又は有料化も同時に行わなければなりません。手法について今後検討していきます。